大同火災海上保険株式会社様 のサンゴ畑情報

 
1月23日 植付け
     

  
  1月29日 畑完成
     
     

  
2月20日 サンゴ生育状態 水温22.5°  
     
     

  
  3月7日 サンゴ生育状態 水温23.6° 旗も完成し大同畑の完全完成!さらに電食を起こし針金をサンゴが取り込み出しました。順調に成長中。
     
     

  
4月14日 サンゴ生育状態とメンテナンス 水温25.4° 順調に成長しています。 
   

  
6月17日 サンゴ生育状態とメンテナンス 水温28.4° 順調に成長。魚も付きだし、NO.6は隣のパイプに到達、伸びているのが分かります。 
 

  
 10月21日 サンゴ生育状態とメンテナンス 水温26.5.4° 太さを増し、小さな枝が出てきています。少しずつ広がりを見せているので楽しみです。 

  
11月18日 サンゴ生育状態 水温25.2°
順調に成長。少し太さが増しました。(④~⑥の順番がぞれてしまっています。次回修正します)
 

  
12月19日 サンゴ生育状態 水温24.6°
※前回順番が狂ってしまいましたが、通常に戻りました。
うれしいことに④~⑥番のヤッコミドリイシが先月より色を濃く出し元気になっています。今まで見てきた中で色が薄くなる個体は骨格内に住んでいる褐虫藻の元気がなくなり、色が薄くなり、終いには白化(褐虫藻がいなくなる)してしまいます。実はサンゴの色はこの褐虫藻の色なのです。
他の個体も観察。左は同じくヤッコ。定着材にここまで固着すればどんどん成長して行きます。右の個体はスゲミドリイシ。
長さや幅が10cmを超える個体も出てきています。小指から親指サイズだったころからすれば、どんどん成長しています。

  
3月15日 サンゴ生育状態 水温24.6°
特に大きな被害はなく順調に成長中。

  
4月17日 サンゴ生育状態 水温25.4°
小枝のようだったサンゴが見事に成長しています。順調な生育状態です。
同畑内の定点観測以外のサンゴも紹介。
左)スゲミドリイシ、中央)フトエダミドリイシ、右)ヤッコミドリイシ
ヤッコに関しては、定点観測している個体よりも大きな個体が多くどんどん枝を伸ばしています。

 
2019年5月22日 サンゴ生育状態 水温26.8°
弱ることなく順調。水温が上がってきたのでここからが勝負。
もうこぶしよりも大きくなった個体もいます。固着材のマグホワイトを覆いつくす勢いです。

  
2019年7月4日 サンゴ生育状態 水温30.0°
④左下下部が折れています。⑥は食害にあったようで魚にかじられて跡あり。。
定点観測以外のサンゴたち、だんんだん大きくなってきました。見栄えも増しています。逆立ちしながら泳ぐヘコアユ(魚)がサンゴに寄り添っていました。
こうやって魚たちが付きだすとサンゴ畑も本当に意味ある物だと実感します。

  
2019年10月29日 サンゴ生育状態 水温26.8°
今まで同一種の画像が多かったので、今回より定点観測個体を変更。
だいぶ大きくなり、魚やエビカニがたくさん生息しています。手の平より大きな個体も多いです。
観測時、濁りがあったので旗の位置も調整して撮ってみました。真っ白ですが・・・。

  
2019年11月28日 サンゴ生育状態 水温24.4°
順調です。この調子で成育してくれれば、立派な畑になりそうです。

  
2020年2月14日 2年1ヶ月経過 サンゴ生育状態 水温23.6°
指1本分のサイズだったサンゴがここまで大きくなりました。最初は固着材の方が太くて目立っていましたが、今では固着材が見えない。ここから先は1年で倍まで成長する見込み。もう少しで生きものも隠れられるようになるので、そうなれば魚が付き始めます。楽しみですね。

2020年7月13日 2年6ヶ月経過 サンゴ生育状態 水温30.2°
コロナ影響で5か月間身動き取れずサンゴが心配でしたが、すくすく成長を続けていました。おかげでサンゴ同士が当たり、成育の妨げになる為まずは置き位置を変更し接触しないようにしました。
定点観測個体も今回から変更です。
今のところはほんと順調に育っていますね。各サンゴサイズアップしてるし、魚もたくさんついてます。
来月から高水温時期、うまく乗り越えて欲しいです。
 

  
2020年10月27日 2年9ヶ月経過 サンゴ生育状態 水温26.4°
NO.1の個体は非常に大きく25cmはあります。NO.3がここにきて死滅。残念です。原因は不明。その他は順調です。
魚の数がいっきに増えました。サンゴに合わせつく魚のサイズもともにアップしてきました。
フタスジリュウキュウスズメダイとミズジリュウキュウスズメダイが増えたので一気にサンゴ礁のイメージに。畑全体でみたらかなりな数の生きものがついています。うれしい限りですね。
動画でもみてください。

  
2021年3月24日 3年1ヶ月経過 サンゴ生育状態 水温22.2°
見ての通りの海藻。大量の流れ藻がたまりどこにサンゴがあるのか分からない状態。どうしてもこの時期は海藻が元気なので、想像はしてましたが、今まで以上に今年は多い。モズク漁師さんも今年は海藻多いと言ってました。まずは畑の大掃除です。ダイバーが海藻を除去しているところ。
除去後がこちら。スッキリ!心配されたサンゴたちでしたが無事でした。
どれも立派に育っています。特に中央のヤッコミドリイシは一際成長していてたくさんの魚が住み着いています。